おぼえておきたい災害の定義と効果的に対策を行う方法

   


日本では地震や台風などの自然災害が頻繁に発生するため、事業への被害を最小限に抑えるBCPや防災マニュアルの策定が不可欠です。

しかし、想定される災害にはどのような種類があるのかはっきりと分からず困っている方も少なからずいるでしょう。

今回はそんな方のために災害の定義やその種類、対策方法などを解説していきます。

この記事を読むことで災害に対して効果的に対策を行うことができるので、ぜひ読み進めてください。

災害の定義


災害を簡単に説明すると自然災害などにより、人や社会生活に損害を受ける事態のことです。

災害対策基本法」第二条では、災害を以下のように定義しています。

災害、暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象または大規模な火事もしくは爆発その他その及ぼす被害の程度においてこれらに類する政令で定める原因により生ずる被害をいう。

上記のように災害には自然災害だけでなく、人為的な災害も含まれており、想定するべき災害にはさまざまな種類があります。

災害は3種類に分類される


ここまで災害の定義を説明しましたが、自然災害のイメージは湧いても人為的な災害がよく分からないという方もいるでしょう。

ここでは災害の種類を具体的に説明していくので、ぜひ読み進めてください。

自然災害

自然災害とは、地震や台風など自然現象によって生じる災害のことです。

被災者生活再建支援法」第二条では、以下のように自然災害を定義しています。

暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害をいう。

自然災害の中でも特に水害に関しては予報であらかじめ発生が分かるため、きちんと対策を行なっていれば被害を最小限に抑えることができるはずです。

人為災害

人為災害とは、交通事故など文字通り人為的な要因によって生じる災害のことです。人為災害を大まかに分けると以下の5種類に分類されます。

【都市災害】
火災や大気汚染など

【労働災害(産業災害)】
勤務中に従業員が負傷したり、病気にかかったりする災害

【交通事故】
車や飛行機などの事故

【管理災害】
管理の不備や操作ミスなど

【環境災害】
水質汚濁など環境破壊によって引き起こされる災害

労働災害は一般的に省略して労災と呼ばれており、従業員に対するパワーハラスメントや人間関係・長時間労働などで発症するメンタルヘルス、通勤中の負傷なども含まれています。

特殊災害

特殊災害とは、化学物質の漏洩など自然現象以外が要因となって発生する災害のことです。

災害の頭文字をとってCBRNEとも呼ばれており、それぞれ以下のように分類されています。

【Chemical(化学)】
化学兵器や有害物質の漏洩などの災害

【Biological(生物)】
病原体や生物兵器による災害

【Radiological(放射性物質)】
放射性物質の漏洩や原子力事故など

【Nuclear(核)】
核兵器を使ったテロ

【Explosive(爆発)】
テロや事故による爆発

この特殊災害は、通常の企業では起こるはずがないと考える方もいるかもしれません。

しかし、Biologicalに分類される病原体には日本でも発生しやすいインフルエンザなどの集団感染などがあるため、十分に注意する必要があります。

災害による被害を最小限に抑える4つの方法


ここまで災害の種類を具体的に説明しました。次に効果的な災害対策を紹介していきます。どれも参考になる内容なので、ぜひ参考にしてください。

BCPや防災マニュアルを策定する

まずは災害発生時の対応を記載したBCPや防災マニュアルを事前に作成しておきましょう。

BCPとは、災害などのリスク発生時に事業を継続または早期復旧を図るための計画のことです。

このBCPを策定しておかないと災害発生時に冷静に対処できず、迅速に事業の復旧を行うことが難しくなってしまうので注意しましょう。

BCPと防災マニュアルの違いがよく分からないという方もいますが、BCPは取引先とのトラブルや資金難など災害を含めたあらゆるリスクを想定するのに対して、防災マニュアルは災害から事業や従業員を守る役割を持っています。

BCPの中に防災が含まれていると考えられますが、BCPと防災マニュアルの両方を策定しておくといざという時に安心です。

より詳しくBCPや防災マニュアルを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

BCP(事業継続計画)とは何か、災害対策・防災計画を分かりやすく解説

防災マニュアルの効果的な作り方と防災に必要な2つの対策

定期的に防災訓練を実施する

策定したBCPや防災マニュアルを従業員に浸透させるには、定期的な防災訓練の実施が必要不可欠となります。

効果的な訓練を行う上で重要なのが災害などのリスクやその対応を具体的に明記したシナリオです。

シナリオを使い回し訓練の実施自体が目的となっているという企業も少なくありませんが、それでは想定外の災害が発生した時に対処できないため、策定したBCPや防災マニュアルが機能しない事態にも陥りかねません。

そのため、作成するシナリオはBCPや防災マニュアルに沿った上で想定する災害を地震から火災に変更するなど訓練の度に内容を変更していくと良いでしょう。

また訓練の度にBCPや防災マニュアルの改善点を洗い出していけば、より完成度の高い内容になっていくはずです。

さらに防災訓練のシナリオを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

防災訓練シナリオの基本と完成度の高いシナリオを作る方法

防災グッズを準備する

一般的に水道・ガス・電気などライフラインの復旧や支援物資の到着までに3日程度かかると言われています。

大規模な災害が発生した場合も想定して、3日分を最低限とし余裕を持って1週間分の防災グッズを従業員のために確保しておくと良いでしょう。

また2011年の東日本大震災を機に内閣府が発表した「東京都帰宅困難者対策条例」の条例第17号では、以下のように定められています。

事業者に従業者の一斉帰宅の抑制と従業者の3日分の食糧等の備蓄についての努力義務を課します。

対象は正規・非正規を問わず事業所で働く全従業員であり、食料などの防災グッズを全従業員分揃えておくのが理想的です。

この条例で書かれている努力義務とは、「〜するよう努めなくてはらない」という意味合いであり、この条例に違反したとしても特に罰則はありません。

しかし、コストがかかるからと一切防災グッズを準備しないと従業員に被害を与えてしまう場合があるため、できうる限りの防災グッズを揃えておくと良いでしょう。

より詳しく防災グッズを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

揃えておきたい防災グッズの基本と必要な防災グッズ18選

防災で準備するべき食品「非常食」のおさえておきたい基礎知識

安全対策を行う

あらかじめ事業所内で安全対策を施しておけば、災害が発生した際に被害を軽減できる可能性が高いので、必ず行いましょう。

事業所でできる安全対策の一例としては以下があげられます。

【棚やキャビネット】
転倒することで従業員を負傷させたり、倒れて避難経路を塞いだりするおそれがあるため、できるだけ壁につけ、転倒防止ストッパーなどで固定する

【パソコンやコピー機などのOA機器】
落下や転倒などで従業員が負傷するおそれがあるため、バンドやジェルマットで固定する

【窓ガラス】
ガラス片が散らばるのを防ぐため、飛散防止シートを貼る

上記以外にも耐震工事など、さまざまな安全対策があります。災害による被害を軽減させるためにできうる限りの安全対策を行なっておくと良いでしょう。

まとめ

今回は災害の定義やその種類、被害を軽減するための方法などを解説しました。最後にもう一度おさらいすると、本記事の重要なポイントには次の3点があげられます。

  • 災害は自然災害などにより人や社会生活が被害を受ける事態のこと
  • 災害には自然災害、人為災害、特殊災害の3種類がある
  • 災害による被害を最小限に抑えるために対策しておくとが大切

この記事を参考にして万が一の事態に備えて、できうる限りの対策を立てておきましょう。

 - 防災 基本情報